若く見せるメイク術【参考にしたいメイクアップ】

女性なら、誰でも願う永遠の若さ。 年齢を重ねることは制御することができません…。ですが、若々しさを維持したり、若返りは夢ではありません!そんな女性のために、当サイトでは、若返り・アンチエイジングにおすすめのサプリメント情報をご紹介しています。ぜひ、参考にしてくださいませ(^_^)

若く見せるメイク術【参考にしたいメイクアップ】

若く見せるメイク術【参考にしたいメイクアップ】化粧できることは、女性のメリットではないでしょうか。

 

老け顔の印象になる年齢肌のお悩みや、まつげなどのコンプレックスも隠すことができます。

 

化粧・メイク自体は、若返りになる根本的な改善にはならないのですが、カバーすることができます。

 

もう老け顔とは言わせない!

実年齢よりも若くみられたい女性のために、年齢肌に悩んでいる方のために役立つメイク術を今回はご紹介いたします。

 

まず、鉄則になるのが「厚化粧はNG!」ということ。ついつい、目立つシワなどを隠すために、ファンデーションを厚塗りしがちですが、これは逆に老けてみられるので気を付けましょう。

 

若返りメイクのポイントさえ分かると、ナチュラルメイクでも若く見せることが出来ます。

 

ほうれい線を隠すメイク術

 

ほうれい線は老けて見られる主な原因になるシワです。間違えやすいのが、ほうれい線に沿ってコンシーラーと使うこと

 

コンシーラー自体は間違っていませんが、ほうれい線にかけて横に入れるようにしてなじませます

 

光沢感のある明るめがおすすめのカラーになります。明るさが出ると、うまくほうれい線がカバーできます。

 

目元のシワを隠すメイク術

 

目元のシワが気になる方は、コンシーラーとアイシャドウがポイントになります。

 

まずコンシーラーでシワ部分をカバーし、アイシャドウは明るめのものを入れます。目尻までしっかりといれることによって、シワをカバーできます。

 

くすみを隠すメイク術

 

女性の多くが悩むトラブルといえば、くすみです。顔全体がぼやけてしまい、暗い印象になります。それを隠そうと、ついつい化粧を厚塗りしたくなりますが、これはNG行為になります。

 

まず、下地がポイントです。紫外線対策や保湿対策も兼ねているタイプの下地を、全体的に薄く伸ばしていきます。たったこれだけの工夫でも、くすみをカバーすることができます。あとは、ファンデーションをうす塗りして、仕上げてください。

 

これにプラスして取り入れたいのが「つけまつげ」です。つけまつげをつけると、派手になる印象がありますが、実は目元のシワだけでなく、顔全体に明るさをもたらすことができて若さが出ます

 

ただ、つけまつげの選び方にポイントがあります。あまりにボリュームがあるものは派手になるので気を付けてください。毛束が少な目のものをチョイスしましょう。必要なら、サイズをカットしてつけるようにすると、顔全体が若くみられます。

 

このように、メイクによっても老け印象をカバーできます。もちろん、根本的にすっぴん肌の若返りケアも大切です。サプリメントでインナーケアしながら、効果が出るまでメイクで上手く隠してみましょう。